あかちゃんのげっぷ

げっぷがなかなかでないよーっておもったことありませんか?

 

よく育児書には、

 

ミルクや母乳をのませたあとは、げっぷをさせましょう。

 

ってかいてあります。

 

ていねいに、げっぷをさせる方法を図解してあったりします。

 

 

新米ママはげっぷをさせないと不安になりますよね。

 

「げっぷさせなきゃ。

 

げっぷさせないまま寝ちゃったら

 

息ができなくなっちゃうかも。」

 

私も、母乳をのませたあと、必死にげっぷをさせていました。

 

 

トントントン。でたかなー?

 

トントントン。まだかなー?

 

 

夜中に授乳したときなんか、

 

眠くて、おきているのもきついのに、

 

30分くらいトントンして、げっぷをさせようと

 

していたこともあります。

 

 

「このまま寝かせて、おっぱいがつまって、

 

息ができなくなって、死んじゃったらどうしよう。」

 

って思ってたんですね。

 

冗談じゃなくて、本気で死ぬんじゃないかと心配してました。

 

 

でも、あとで知りました。

 

母乳をのんだあかちゃんは、

 

ミルクをのんだあかちゃんより、

 

げっぷがでにくいということを。

 

 

ミルクはほにゅうびんでのみますよね。

 

ほにゅうびんをチュパチュパするときに、

 

空気もいっしょに飲んでしまいます。

 

だから、ミルクをのんだあとは、

 

げっぷがでやすいそうです。

 

 

母乳はミルクほど空気をたくさん飲みません。

 

だからげっぷは出にくいのだそうです。

 

私のあかちゃんもげっぷはあまりしませんでした。

 

 

たまーに、たくさんおっぱいを飲んだあとに、

 

「ゲプッ」っとすると

 

「おー、じょうずにでたねー。」

 

というかんじです。

 

 

私のあかちゃんが1ヶ月くらいのころ、

 

助産院で母乳をのませたあと、

 

助産師さんの目のまえで

 

「ごほっ」っといって、母乳をはきだしたことが

 

ありました。

 

 

すると、助産師さんがいいました。

 

「いまのは逸乳(いつにゅう)ね。

 

まだ、胃がちっちゃいのに、のみすぎたら、

 

消化しきれないから、

 

お乳をだしちゃうのよ。

 

心配しなくて大丈夫。

 

だんだん胃も大きくなっていくからね。」

 

ということでした。

 

 

3ヶ月くらいまでは、ほんとうによく吐きました。

 

のんだばかりの母乳や、

 

消化しかかったドロドロの母乳や、

 

かたまりになって黄色くなった母乳。

 

 

このころは、あかちゃんの産着のえりもとに

 

ガーゼのハンカチをはさんでおくといいですよ。

 

 

吐くたびにあわてなくても、

 

すぐに口もとをふいてあげれます。

 

よごれても、ガーゼをとりかえればすむので、

 

吐くたびに産着が汚れて、着替えさせなきゃ。

 

なんてこともしなくてよくなります。

 

 

スタイとよばれる、いわゆるよだれかけがありますが、

 

私は、うまれたてのあかちゃんのくびを

 

ひもでしばることに抵抗がありました。

 

 

私が目をはなしたスキに、よだれかけのひもがどこかにひっかかったり、

 

あかちゃんが自分でひもをひっぱったりして、

 

くびがしまっちゃったらどうしよう・・・って。

 

(新生児をもつママはみんな心配性なんです。)

 

 

でも、ガーゼなら安心。首がしまる心配もないしね(^^)。

 

6ヶ月をすぎたころから、

 

吐く回数がぐんとへりました。

 

 

8ヶ月くらいになると、

 

自分で「げぽっ」っといって、

 

げっぷをします。

 

消化器官が発達すると頼もしくなりますね。

 

 

でも、月齢がひくいときは、やっぱり心配ですよね。

 

そんなときは、おっぱいをのませたあと、

 

しばらく、たて抱きだっこをしてあげたり、

 

寝かせるときには、顔を横向きにして、

 

もし、おっぱいをはきだしても、

 

空気のとおりみちを、はきだされた母乳がふさいでしまわないように、

 

ちゃんと、あかちゃんのくちから外にでるようにしておきましょう。

 

 

あなたのあかちゃんもすぐに自分で

 

「げぽっ」っとするようになりますよ。

 

たのしみですね。


PAGE TOP