おっぱいさんありがとう

フルーツを食べる赤ちゃん

おっぱいさん、おっぱいさん、今までほんとにありがとう。

わたしのかわいいあかちゃんに、

おいしい母乳を飲ませることができたのはおっぱいさんのおかげです。

おかげでかわいいこの子もこんなに大きくなりました。

ひとりであんよもできるようになりました。

たくさん泣いて、たくさん笑って、

ママとママのおっぱいが大好きな、

こんなにかわいい子になりました。

おっぱいさん、ありがとう。

ほんとうにありがとう。

もうそろそろ、

おっぱいさんにバイバイしなくちゃいけないのかな?

いつごろ

おっぱいさんにバイバイするのがいいのかな?

ママはこのまま、ずっとず?っと

おっぱいを飲ませていたいけど、

そんなことできないもんね。

それじゃだめんだもんね。

いつかはバイバイしなくちゃいけないんだもんね。

「おっぱいをのませることができる」っていう

ママだけの特権がなくなっちゃうなんて、

ほんとうにさびしい。

大きな声で泣くあなたに、おっぱいを飲ませてあげられないなんて

ほんとうに悲しい。

でも、いつまでも、

そんなことおもっていちゃだめなんだよね。

かわいいあなたがまた一歩成長するために

おっぱいさん、ありがとう

っていって、おっぱいさんにバイバイするのは

どうしても必要なことなんだ。

だから、それまでは、

おねがい

もうちょっとだけ、

ママのおっぱいをおいしそうにのむあなたを

だっこさせていてね。

幸せな時間を

感じさせていてね。

そのときがきたら、

ママ、覚悟をきめてがんばるからね。

いっしょにがんばろうね。


PAGE TOP