おめめをみつめて

あなたは、「授乳中のママとあかちゃんの図」ときいて、

 

どんなイメージが頭にうかびますか?

 

私は「両手でしっかりとわが子を抱き、優雅にみつめあう母と子」をイメージしていました。

 

 

じぶんが授乳するまでは・・・。

 

じっさいにおっぱいをあげてみると、

 

ぜんぜん優雅じゃないんです。

 

 

前開きのシャツだと、ほぼ全開!にしてしまう・・・。

 

Tシャツだと、授乳の間中、めくりあげたシャツをあごでおさえるか、

 

片方の手で押さえておかないといけません。

 

 

うーん。不便だよーと、ずっとおもっていました。

 

優雅にみつめあうどころじゃないよーと。

 

 

正直なはなし、部屋のなかで、

 

私とあかちゃんとふたりきり、

 

カーテンをしめて、

 

上に着ているものを全部脱いで、

 

もろ肌だして、授乳していたときが、

 

いちばん、快適でした。

 

 

でも、まあ、もろ肌だせるのも夏のうちだけですよね・・・。

 

冬は寒くて寒くてそんなことできないですよね。

 

(というか、もろ肌だすのは私だけ?)

 

 

でも、助産師さんに、いい方法をおしえてもらいました。

 

あなたに紹介しますね。

 

 

かんたんなことなのに、教えてもらうまできづきませんでした。

 

あなたもぜひやってみてね。

 

これ超べんりですよ♪

 

 

またまた、私の登場です。へへっ。

 

 

用意するものは、ふつうの髪を結ぶゴムだけです。

 

 

髪を結ぶゴムでひとつのおおきなワッカをつくります。

 

 

そして、それを首にかけます。

 

 

首にかけたワッカを、

 

 

洋服の下にとおして、

 

 

ひっぱりだします。

 

 

(ネックレスを洋服のしたからひっぱりだすかんじ)

 

 

下からひっぱりだしたワッカを

 

ぐいっと頭のほうにひっぱって・・・

 

 

 

 

 

 

 

下からひっぱってきたワッカを

 

 

首にひっかけます。

 

 

すると・・・

 

 

上の写真のようになってできあがり!

 

 

ね、かんたんでしょ。

 

これで、洋服を手で押さえておかなくても授乳できます。

 

あとは、のませたいほうのおっぱいをだすだけでOKなんです。

 

服を手やあごで、抑えなくてもいいんです。

 

 

ゴムが洋服をとめておいてくれるから、

 

かわいいあかちゃんのかおが、

 

洋服でかくれる!なんてことはありません。

 

ちゃんとあかちゃんのおめめをみつめることができます。

 

 

あなたは、両手が自由に使えるので、

 

両手で、あかちゃんをしっかりだきしめることができます。

 

ね、これいいでしょー。べんりでしょー♪

 

 

私は、これを助産師さんにおしえてもらったときに、

 

おっぱいママみんなにおしえたい!っておもいました。

 

用意するものは髪を結ぶゴムだけ。

 

なかったら、パンツのゴムを適当な長さに切ったものでもOK(^^;)

 

 

私は、あかちゃんとおでかけするときは、いつも、

 

この大きな髪ゴムでつくったワッカをくびにかけて、

 

洋服の下にとおしています。

 

 

そしたら、授乳室にはいってから、

 

「えっとゴム・・ゴム・・・どこだったっけ?」

 

って探さずに、すみます。

 

 

サッと、服のしたから、ゴムをひっぱりだして

 

首にかければ準備OKです。

 

ある程度長さのある

 

 

 

 

↑こんなヘアゴムを用意してくださいね。

 

 

このアイテムのおかげで、

 

私のイメージしていた、

 

 

「優雅に見つめあう母と子」の図に近づきました。

 

おっぱいをのませるときは、

 

あかちゃんのおめめをみつめて飲ませたいですよねー。