助産院へいくときは

助産院へいくときは、電話をしてから行きましょうね。

 

(あ、ごめんね。わかってるって?)

 

電話をしても、助産師さんが一人のときは、

 

お産にたちあっていたり、

 

おっぱいマッサージをしていたりして、

 

手が離せないときもあります。

 

 

電話がつながっても、手短に切られてしまうかもしれません。

 

それは、先生が冷たいのではなくて(笑)、

 

目の前で、おっぱいマッサージのママが待っているからだと思います。

 

 

電話で質問をしたときも同じです。

 

あまりに長い質問は、ご迷惑になることもあります。

 

私が通っている助産師さんは、

 

電話での質問は、受け付けていらっしゃいません。

 

実際に、おっぱいの状態をみないとなんともいえないから、

 

という理由と、

 

目の前のママのマッサージを中断されたくないという理由からのようです。

 

これは、助産院、それぞれの方針があると思います。

 

 

あと、これが意外と大切だと私は思っているのですが・・・。

 

助産師さんと、診てもらうママも、人対人です。

 

人間的に「あう、あわない」があると思います。

 

ドクターとか、美容師さんとかも、

 

自分とあう人、あわない人っていますよね。

 

それは、べつにどっちがどうのってわけじゃなくて、

 

ただ、組み合わせの問題です。

 

 

私も、今通っている助産師さんは、

 

桶谷式の助産師さんの2人目です。

 

 

最初に診てもらった助産師さんとは、

 

べつにこれといった理由はないんだけど、

 

「なんとなく合わないなあ」という感じでした。

 

だから申し訳ないけど一度だけにしました。

 

(あのときの助産師さんごめんなさい。m( _ _ )m)

 

 

「どこに行っても同じかなあ?」と思いながらも、

 

「もう一度だけ。」と今の助産院をたずねました。

 

そして、今の助産師さんは大好きです。

 

 

そのことを言ったら、

 

「助産師にも個性があるからね。

 

やっぱりあう、あわないがあるのよ。気にしないでね。」

 

ということでした。

 

 

桶谷式では最初に、初診料5000円と、診療費がかかります。(私は3500円です。)

 

あとは、行くたびに診療費(私は3500円)がかかります。

 

 

私は最初の桶谷式の助産師さんに5000円を払っていたので、

 

今の助産師さんに初診料は払わなくてもいいということでした。

 

 

人間的にあわない助産師さんに診てもらうのは苦痛です。

 

申し訳ないなあと思うかもしれないけど、

 

あなたが納得する助産師さんを見つけたほうがいいと思います。

 

あなたの心が喜ぶことをしてあげましょう(^^)。