夜のおっぱいタイム 

4時間を越えないようにおっぱいを飲ませることのカギとなるのは、

 

やっぱり夜です。

 

 

夜は眠いんですね。

 

 

私も、もし自分がおっぱい育児をやっていなかったら、

 

「うそでしょ。3時間おきに起きて、

 

おっぱいを飲ませるなんて、信じられない。できないよ。」

 

って思ったことでしょう。

 

 

でも、実際は、毎晩、3時間とか、3時間30分とか

 

ごとに目を覚ましておっぱいをのませています。

 

4時間をこえることは、ほとんどありません。

 

 

なぜでしょう。

 

自分でもフシギなのですが、

 

あかちゃんが足をバタバタさせたり、

 

「ううーん」とうなったりすると、

 

目が覚めるのです。

 

 

あかちゃんは私のすぐ横で寝ています。

 

ベビーベッドはつかっていません。

 

私は、ねぞうがわるいので、

 

月齢の低いうちは、「あかちゃんつぶさないかな?」

 

と心配でしたが・・・。

 

 

寝返りができるまでは、大人用の私のおふとんと、

 

あかちゃん用のおふとんを並べて寝ていました。

 

寝返りができるようになった今は、ダブルのふとんに、

 

私とあかちゃんといっしょに寝ています。

 

近くに寝ると、あかちゃんが「ううーん」と目を覚ますと、

 

すぐ目が覚めますよ。

 

 

ベビーベッドをつかうより、

 

あかちゃんと近くに寝ることをオススメします(^^)。

 

 

この「あかちゃんの気配で起きる」ことのほかに、

 

「私のおっぱいが変な感じがして起きる」ということがあります。

 

 

寝ていると、おっぱいがなんだか変な感じがして、

 

おっぱいを飲ませたくて、目がさめるのです。

 

 

この「なんだか変な感じ」を桶谷式では、

 

「さいにゅうかんかく(催乳感覚)」と呼んでいます。

 

私はいつも感じるわけではありません。

 

たまーに感じるときもあるという程度です。

 

ハッピーベジー
豊潤サジー

 

この「なんだか変な感じ」にしたがって、おっぱいをのませることは、

 

授乳のリズムに従った飲ませ方です。

 

 

私だけが目を覚まし、あかちゃんが眠っているときでも、

 

私が「飲ませたいなあ」とおもうときは、

 

乳首をあかちゃんの口のほうにそーっと近づけます。

 

 

すると、あかちゃんは、目を閉じながらも口をひらきます。

 

そして乳首を吸い始めます。

 

さいしょは、フシギでしたが、

 

ママが「おっぱいを飲ませたい」と感じるときは、

 

あかちゃんも「おっぱいを飲みたい」と思っているということなんでしょうね。

 

 

この二人のリズムがうまく合うと、夜の授乳もうまく進んでいきます。

 

 

月齢が低いうちは、夜中におきておっぱいをのませるたびに、

 

オムツも替えていました。

 

するとたいてい、おしっこもうんちもしていました。

 

腸が小さいですからね。

 

そのうち、月齢がすすむと、

 

夜の授乳の時に、おむつを替えようとおもっておむつをひらくと、

 

「あれ?ぬれてない」っていう日がきますよ。

 

おしっこをためておけるようになったんですね。

 

おっぱいのたびにオムツ替えをしなくてよくなると、

 

またちょっとラクになりますよ。

 

 

「なんちゃって」と自分で宣言している、私が通っている助産師さんも、

 

私の顔を見るたびに、「夜の授乳は続けてる?」

 

って聞きます。

 

 

やっぱり夜の授乳は大事なんでしょうね。

 

助産師さんにいわれました。

 

 

「夜は、なるべく4時間以上あけないほうがいいわね。

 

特に夜の11時から朝の4時まであいだは、ホルモンの分泌が盛んだから、

 

このあいだに1回はおっぱいを飲ませてあげてね。

 

 

4時間以上あけると、『母乳をつくってー』っていうホルモンが、

 

急激にへっちゃうのよ。

 

 

寝ているあいだは、ただでさえ、乳房に母乳がたまりやすいから、

 

しこりができやすいの。

 

 

『なーんか今日はぐっすり眠ってしまいそうだなー』というときは

 

目覚ましをセットするようにしたら?」

 

ということでした。

 

 

素直な私は、(←自分で言う?)

 

さっそく、その夜から携帯の目覚ましをセットしてから寝るようにしました。

 

寝る前にセット。夜に飲ませて、またセットして寝る。

 

を、しばらくやっていました。

 

 

でも、たいてい、目覚ましがなるまえに、

 

あかちゃんが「うーん」とうなって

 

目をさましていたので、

 

目覚まし作戦はやめてしまいました。

 

 

「夜にどうしても目が覚めない!」というママは目覚まし作戦をやってみたらどうでしょう?

 

目覚ましで起きているうちに、

 

だんだん目覚ましがいらなくなってくるとおもいます。

 

 

授乳のリズムがあなたのからだの中にできてくるからです。

 

夜の授乳が「特別のこと」ではなくて、

 

「普通のこと」になってくるんですね。

 

 

さいしょはちょっと大変かもしれませんね。

 

 

でも月齢がすすむと、添い乳もできるようになるし、

 

夜中にミルクをつくりに台所に立つよりも、ずっとラクにのませることができますよ。