帝王切開でも出る? 母乳のしくみ

私は、帝王切開であかちゃんを産みました。

 

 

「手術かー。おっぱいでるのかなー?」

 

と思っていました。

 

 

だって、陣痛もないのに、勝手におなかを切って、

 

あかちゃんをとりだして・・・。

 

それで、私のからだが、おっぱいをつくるとはおもえなかったのです。

 

私は、ミルクでそだてるんだろうなとおもっていました。

 

 

 

でも、私のからだは、ちゃんと母乳を出しました。

 

出産後に痛いおっぱいマッサージをうけたわけではありません。

 

妊娠中に乳房のマッサージをしていたわけでもありません。

 

 

でも、おっぱいを出したんです。

 

何も知らなかった私は不思議でした。

 

帝王切開なのに、どうして母乳がでるのか?

 

 

でも、母乳が出るしくみを知ると、帝王切開でも

 

母乳が出ることがわかります。

 

帝王切開でも母乳が出るということに何のフシギもなくなります。

 

 

母乳は、あかちゃんが乳首を吸うことによって出るようになるのです。

 

あかちゃんが乳首を吸うと、その刺激が脳につたわり、

 

脳から

 

「母乳をつくってくださーい。」というホルモンがつくられます。

 

このホルモンのことを「プロラクチン」といいます。

 

このプロラクチンによって母乳がつくられます。

 

 

実は、このプロラクチンというホルモンは、妊娠中も

 

私たちのカラダのなかでずっと増え続けています。

 

妊娠したことによって、母乳を出す準備をしているんです。

 

ただ、その働きが、胎盤から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンによって、

 

おさえられています。

 

妊娠中は、母乳を出す準備はしているけど、

 

胎盤から出るホルモンによって大量の母乳が出ることはないという状態なんですね。

 

 

妊娠中に乳汁が乳首からでたり、

 

ブラにしみだしたりすることがあっても、

 

その量は少しですよね。

 

それは、胎盤から出るホルモンが、

 

乳汁の分泌をおさえているからなんです。

 

 

出産して、赤ちゃんと一緒に胎盤が出てしまうと、

 

母乳の分泌を抑えるホルモンがなくなるので、

 

あなたのカラダから母乳がでるようになります。

 

 

妊娠中はあなたのカラダの中で、

 

母乳を出す準備をするために、増え続けてくれていたプロラクチンの量は、

 

出産直後がピークでその後は、もう勝手に増えることはありません。

 

 

 

出産後、プロラクチンをカラダの中で出すためには、

 

赤ちゃんに乳首を吸ってもらって、

 

母乳が必要なことを脳に伝えなければなりません。

 

 

だから、母乳を出すためには、

 

赤ちゃんにあなたの乳首を吸ってもらうことが必要なんですね。