搾乳について 

母乳育児をやっていると、

 

自分で自分のおっぱいを絞って、搾乳をする必要がでてくるときがありますね。

 

それは、

 

赤ちゃんが、未熟児などで、出産後ママと赤ちゃんが一緒にいられない場合、

 

陥没乳頭などで、赤ちゃんが上手にママの乳頭に吸い付けない場合、

 

ママがお仕事で飲ませられない場合、

 

などのように、色々な場面です。

 

 

私は赤ちゃんが1,2ヶ月のとき、

 

「おっぱいが張っていたいなあ」と思うときに、搾乳をしたことがあります。

 

私の場合は、赤ちゃんに直接、乳首から母乳を飲ませていたので、

 

搾乳した母乳は捨てていました。

 

 

でも、何らかの理由があって、直接、母乳を飲ませられないママは、

 

搾乳した母乳を、ほにゅうびんで赤ちゃんに飲ませることになりますね。

 

 

搾乳するママに伝えておきたいのですが、

 

1回の搾乳で絞れるお乳の量は、赤ちゃんが自分で吸う1回の量ほどは、出ません。

 

それは、お乳を出すのは、やっぱり赤ちゃんが専門家?だからです。

 

だから、1回の搾乳で絞れたお乳の量が少なくても、

 

それは、あなたの母乳の量が少ないということではぜんぜんないんですよ。

 

 

あかちゃんは、上アゴと、下アゴと舌を上手につかって、

 

たくさんの母乳を吸いだします。

 

赤ちゃんは母乳をママの体から外にだす専門家ですからね。

 

あなたは、搾乳でしぼったお乳をみて

 

「これだけしか絞れなかった。

 

わたし、母乳ちゃんとでてないんじゃないかな?」って

 

不安にならないでくださいね。ちゃんと母乳はでているんですよ。

 

 

搾乳機なんて便利なものもでていますね。

 

でも、やっぱりママのおっぱいに負担がかかる搾乳機もあるようです。

 

本当はママの手で搾乳をするのが一番です。

 

最初から搾乳機を買わずに、

 

ちょっと、ママの手で絞ってみたらどうでしょう?

 

それで、どうしても、手ではうまくしぼれない、

 

時間がかかりすぎるなどの時に、

 

搾乳器のことを考えてみては?

 

搾乳のしかたがよくわからないときは、助産院へ、絞り方を習いに行ってもいいですね。

 

事情を話して、絞り方を教えてもらうといいと思います。

 

そして、そのときに搾乳機のことについても、きいてみたら?

 

搾乳機は絶対ダメ!という助産師さんもいるだろうし、

 

安全な搾乳機を紹介してくれる助産師さんもいると思います。

 

助産院が近くにない。わざわざ助産院にいくのはちょっと・・・

 

というママは、他のママさんがどうしているのか、口コミの情報を参考にしてみては?

 

とくっちは、子育ての掲示板が充実しています。

 

無料で利用できます(私もときどきカキコミしています^^。)

 

やっぱり経験者の言葉は心強いですよね!

 

 

私自身は、というと・・・。

 

手で搾乳をしていました。

 

でも、実際に自分の手で搾乳してみると・・・難しいんです。

 

どうしてこんなにでないの?という感じです。

 

 

でも、最初は下手でもいいんです。

 

だって、生まれてはじめてのことをするんです。

 

自分で自分のおっぱいを絞ってお乳をだすなんて、

 

最初から上手にできなくて当然です。

 

 

何回かやっていくと、コツのようなものがつかめてきます。

 

何回か練習するつもりで、気楽にはじめていくといいかもしれません。

 

搾乳は、左右交互にやってくださいね。

 

右をずーっと絞って、ハイ終わり!つぎは左!ではなくて、

 

右をちゅっ、ちゅっ、と絞って、次は左をちゅっ、ちゅっ

 

そして、また右をちゅっ、ちゅっ、と絞って、左をちゅっ、ちゅっというかんじで、

 

なんどか交互に絞っていってください。

 

休んでいる間に、乳房に母乳がたまってきます。

 

慣れてくるとリズミカルに絞れるようになれますよ。

 

 

直接赤ちゃんに母乳を飲ませられないママはこうして絞った母乳を赤ちゃんに飲ませてくださいね。

 

早く、直接、あなたの乳首から赤ちゃんが母乳をすってくれるといいですね。

 

 

搾り出した母乳は搾乳カップで受け取ると便利です。

 

しぼった母乳が、そのまま哺乳瓶のなかにたまるようになっています。

 

私が通っている助産院では、ピジョンさんの搾乳カップをオススメしています。

 

 

ベビー用品ならココ 育児用品 ピジョン さんの自然にさく乳したいママに ピジョン 母乳さく乳カップセット

 

ですね。

 

 

母乳で育てたいママは哺乳瓶からスムーズに乳首に移れるように

 

*まちがえちゃうので紹介しているほにゅうびん、母乳相談室をつかってくださいね。