桶谷式母乳育児(1)

桶谷式では、おっぱいを飲ませる前に、前しぼりをしましょうと、

 

教えています。

 

 

前しぼりには、乳頭をやわらかくする、

 

古い母乳をだして、フレッシュな母乳にする、

 

勢いが良すぎる母乳をのみやすくする、

 

などの効果があるそうです。

 

 

でも〜でも〜、わかってはいても〜

 

「いちいちやってられないよー」という感じです。

 

 

そこで助産師さんに

 

「前しぼりってやらなきゃだめですか?」

 

ってきいてみました。

 

すると、

 

「わたしたちも、ジャーであっためたご飯をたべるでしょ。

 

炊きたてより、味はちょっと落ちるけど、食べるよね。

 

赤ちゃんもそれとおんなじ。

 

たまったお乳も、味はおちるけど、だいじょうぶなの。

 

フレッシュなお乳のほうがおいしいけど、

 

前しぼりが大変だったらしなくてもいいのよ。」

 

ということでした。

 

 

ほっ。ひと安心。

 

だって、毎回、毎回、

 

赤ちゃんに飲ませる前に、母乳をしぼるなんてできないよー。

 

赤ちゃんは、おぎゃー、おぎゃー泣いてるのに、

 

「まってねー。いましぼってるからねー」

 

なんて、私はできない(きっぱり)。

 

できない自信が?あります。

 

そんなヒマがあったら、はやく、乳首をくわえさせてあげたい。

 

 

だからあなたも、、桶谷式の本をよんだり、パンフレットをみたりして、

 

「え?前しぼりするの?」

 

ってびっくりしないでくださいね。

 

 

母乳のいきおいが良すぎて、あかちゃんが飲みにくそうだったら、

 

一度、乳首を口からはなして、あかちゃんが落ち着いてから、

 

また飲ませればOKということでした。

 

 

私も、なんどか、飲ませているときに、

 

赤ちゃんがコンコンと、せきこむことがありました。

 

 

あわてて飲んでいるのかなー?

 

とおもっていました。

 

 

お乳の出始めで、いきおいがよかったのですね。

 

 

そこで、コンコンがでたらちょっと休憩。

 

コンコン休憩。

 

を2,3回くりかえして飲ませていた時期もありました。

 

 

母乳の、需要と供給のバランスがとれてくると、

 

母乳がたくさんつくられすぎて、いきおいよく出すぎる、

 

というのは少なくなってきますよ。

 

 

赤ちゃんがコンコンしても、ママがおちついていれば、

 

赤ちゃんもおちつきます。

 

 

「ゆっくり飲もうねー。だいじょうぶだよー。」って

 

声をかけながら、母乳を飲ませてあげてください。

 

 

赤ちゃんは、しゃべれないけど、

 

ママの言っていることは、なんとなく理解しているそうです。

 

 

赤ちゃんってすごいんですね。

 

 

桶谷式は飲ませたあとの「後しぼり」もすすめています。

 

赤ちゃんの飲み残しをちゃんとだしておきましょう。というものです。

 

 

でも、私は後しぼりもしたことありません。

 

だって「なんちゃって」だから(笑)。

 

後しぼりの必要性を感じないんです。

 

いま私の赤ちゃんは10ヶ月ですが、

 

後しぼりをやればよかったー。なんておもったことはいちどもありません。

 

「泣いたら飲ませる」の時期にいちいち後しぼりなんてやってられないですよねぇ。

 

 

 

母乳で育てているママが、テレビでこんな風に話しているのを聞いたことがあります。

 

「飲み残しは出しておいたほうがいいと聞いて、

 

赤ちゃんが飲み終わったあとに、

 

搾乳をしています。

 

でも、ほとんど出ないんです。

 

自分の母乳はこんなにでないのかとびっくりして

 

ミルクを足すようにしました。」

 

という話です。

 

 

私は、このママにおしえてあげたかった。

 

 

「あかちゃんが飲んだあとなんだからね。

 

後しぼりでたくさん出なくてもいいんだよ。

 

それに、ママが手で搾乳するよりも、

 

赤ちゃんはずっとずっとじょうずにおっぱいを飲めるの。

 

あごと舌をつかっていっしょうけんめい母乳を飲むの。

 

あなたが手で絞って出る母乳の量よりも、

 

もっと、ずっと、たくさんの母乳を赤ちゃんは出せるんだよ。

 

 

だからあなたが手でしぼって少ししか出ないからって、

 

赤ちゃんが少ししか飲ん出ないってことには

 

ならないんだよ。

 

 

後しぼりで少ししか出ないからって

 

ミルクを足す必要はぜんぜんないんだよ

 

あなたが母乳をのませることによって、

 

母乳は作られるんだから

 

母乳不足が心配なら、

 

ミルクを足すより、乳首を口に含ませたほうがいいよ」って。

 

 

私は、あのテレビで話していたママに伝えることはできません。

 

 

でも、あなたには、、あなたがあのママと同じ思いしないように、伝えておきますね。

 

 

 

飲ませる前の前しぼりと、

 

飲ませた後の後しぼりは、

 

おっぱい育児をつづけていく上で、

 

かならずやらなければならないものではありません。

 

私がお世話になっている桶谷式の助産師さんも、

 

「わたしも、自分の赤ちゃんを育てるとき、

 

桶谷式に通っていたけど、

 

前しぼりも後しぼりもしなかったわよ。」

 

って話してくれました。

 

 

もちろん、ちゃんと前しぼりと、後しぼりをしているママもいるでしょう。

 

本当に、がんばってるな、エライな、という感じです。

 

 

でも、私はしてません。

 

だって・・・「なんちゃって」なんだもん。

 

「なんちゃって」でも、こうやって、快適なおっぱいライフを続けています。

 

完全母乳で赤ちゃんはスクスク、ニコニコ、元気に育っています。

 

 

だから、あなたもおっぱい育児に「必要なもの」と、

 

「必要でないもの」をしっかり見極めて、

 

必要なものはあなたのおっぱいライフの中に積極的にとりいれて、

 

必要でないものには、なるだけ時間も手間もかけないようにしてくださいね。


PAGE TOP