桶谷式母乳育児(2)

桶谷式を信頼している私ですが・・・。

 

 

桶谷式をガチガチにつらぬこう!と思ったら、

 

かなり禁欲的な食事になってしまいます。

 

 

桶谷式は、高カロリー、高脂肪のものを控えましょう。といってるんですね。

 

 

でも、高カロリー、高脂肪のものって、おいしいものが多いんです!

 

 

私は大のスィーツ好き。

 

だいすきなんです。

 

ケーキにチョコにアイスクリーム。

 

なめらかプリンにチーズケーキ♪

 

ああ、文字だけでもヨダレがでそう・・・。

 

 

おっぱい育児中だからって、がまんしつづけられないですよねぇ。

 

 

妊娠中、太らないように!甘いお菓子はたべないように!

 

って何度もいわれてましたよね?

 

 

やっと出産して、

 

やったー。好きなものを好きなだけ食べれるー♪

 

 

って思ってたのに、また食事制限しなくちゃいけないなんて

 

イヤですよね?

 

 

それじゃぜんぜんにこにこママになれません(^^;)。

 

 

 

私の通っている助産師さんは、

 

 

「食べ物は厳しくやろうとおもったら、キリがないのよね。

 

あんまりがまんして、ストレスをためてもいけないしね。

 

うちは、食事はきびしく言ってないのよ。

 

なんちゃってだから。」

 

っていってくれました。

 

 

よかったー。あんしんしました。

 

だって、だいすきな助産師さんで、尊敬している人だから、

 

その助産師さんが、

 

「おっぱいに悪いから、甘いものは一切禁止よ!」

 

なんていったら、私は、すっごく罪悪感を感じながら

 

大好きなスィーツをたべていたとおもうんです。(って、オイオイ食べるのか?)

 

 

 

だって、だいすきなんです。

 

甘いもの。おいしいもの。

 

食べたいよねー。

 

 

でも、いくらなんでも、食べすぎは、おっぱいによくない。

 

 

それは私もわかっているんです。

 

私もバカみたいに、スィーツをたべているわけではないんです。

 

食べ物がおっぱいに与える影響も知っているし・・・。

 

 

あまり高カロリー、高脂肪のものばかりをママが食べていると、

 

母乳の質も高脂肪なものに変化してしまうし、

 

ママの乳腺も詰まりやすくなってしまいます。

 

 

 

だから、毎日食べたいスィーツを1週間に1回にするとか、

 

2個食べたいシュークリームを1個にするとか、

 

寝る前にアイスはやめようとか、

 

私なりに、ちょっとだけ?気をつける

 

ようにしています。

 

 

夜寝る前のカロリーのとり過ぎは、ダイエットにもよくないけど、

 

おっぱいにもよくないです。

 

 

だから、ストレスがたまらない程度に、

 

適量をかしこく食べるようにしましょうね。

 

 

食べすぎも防ぐから、産後のダイエットも助けますよね。

 

 

好きなものや、スィーツをがまんしなくていいとおもうと、

 

食事を工夫しようかな?という気にもなります。

 

 

テフロン加工のフライパンをつかおうとか、

 

てんぷらの衣ははがしてたべようとか、

 

おっぱいによいお茶を飲もうとか・・・。

 

私はおっぱいのためにタンポポコーヒーを飲んでいます。

 

コーヒーといってもカフェインは含まれていないので、おっぱいママも安心してコーヒーを楽しめます。

 

 

あなたは、小さいころ、タンポポの花を摘んだことはありませんか?

 

タンポポの綿毛を「ふーっ」て吹いてとばしたことは?

 

 

そのときに、タンポポのくきから白い汁が出てきて手につきませんでしたか?

 

手がなんだがベタベタってしませんでしたか?

 

えっ?遠い昔のことだからわすれちゃった?

 

いえいえ、あなたなら、私よりは近い昔のはずです(笑)。

 

 

その、遠い?昔、あなたの手についたタンポポの白い汁には

 

たくさんのカラダによい成分がふくまれています。

 

私たちおっぱいママに嬉しいのは、

 

母乳の出をよくする催乳作用があるということです。

 

 

タンポポの白い汁にふくまれている成分が

 

肝臓のはたらきを高めてホルモン分泌を盛んにするからです。

 

 

タンポポコーヒーには血液をキレイにしてくれる働きもあります。

 

肝臓の毒を分解するチカラを強くして、

 

老廃物がカラダの外に出るのを助けてくれるんですね。

 

母乳はママの血液からつくられます。

 

ママの血液がサラサラときれいということは、

 

母乳もサラサラときれいで、詰まりにくい母乳ということです。

 

私は、このタンポポコーヒーはおっぱいライフが終わっても

 

続けて飲んでいこうとおもっています。

 

自分のカラダのためにね。

 

西欧では古くから薬用のコーヒーとして飲まれていたそうです。

 

どうせのむなら、カフェインの入った普通のコーヒーより、

 

カラダにいい、タンポポコーヒーのほうがいいもんね。

 

こどもにも、安心して飲ませてあげられるますよね。

 

 

ただ、あなたに誤解して欲しくないのは、

 

「タンポポコーヒーを飲んでいるからすべてOK。

 

これだけでバッチリ」なんて思わないで欲しいということです。

 

 

タンポポコーヒーだけですべてが解決するわけではありません。

 

 

おっぱいライフを快適にながく続けていくための秘訣は、

 

これから私が、あなたにお伝えしていきます。

 

タンポポコーヒーはあくまでもその手助けをしてくれるものって思ってくださいね。

 

 

ちょっとしたことの積み重ねで、おっぱいのトラブルを防いで、

 

快適なあなたのおっぱいライフをすごしましょう。

 

 

だって赤ちゃんの心とカラダにとても大切な母乳と、

 

あなたの大事なおっぱいですものね。

 

 

トラブルにならないように、普段の生活でちょっとだけ気をつけていきましょう。

 

 

あなたも私も「なんちゃって」なりにね^^。

 

 

私はティーライフshop さんの◆◇ノンカフェイン・無添加◇◆たんぽぽ珈琲・ぽぽたん を飲んでいます。

 

 

ティーライフshop さんのタンポポコーヒーはたんぽぽ100パーセントです。

 

ティーバックなので、お手軽。

 

おいしくて飲みやすいです。

 

最近私はミルクの代わりに豆乳をいれてのむのがマイブームです。

 

カフェオレみたいでおいしいよ。

 

 

「たんぽぽコーヒー」という名前で販売していても、

 

他の成分がはいっているものもあるんですよ。気をつけてね。


PAGE TOP