自己紹介とごあいさつ

はじめまして。管理人の私です。

 

2006年の4月にはじめてママになりました^^。

 

はじめての赤ちゃんを母乳だけで育てています。

 

 

母乳育児のリズムがわかるまでは、

 

正直言って大変でした。

 

なにしろ、はじめてのあかちゃん。

 

はじめての母乳育児です。

 

 

「じょうずに飲んでくれるかな?」

 

「おっぱいにしこりができちゃった。」

 

「おっぱい足りてるのかな?」

 

「おっぱいがはらなくなっちゃったよ・・・。」

 

 

母乳育児をはじめると、不安なことがたくさんでてきました。

 

あなたも不安を感じることありますよね?

 

うまれてはじめてのことをするんだもん。

 

不安になって当然です。

 

 

たくさんの不安を、私は、助産師さんのアドバイスを受けながら、

 

なんとか乗り越えてきました。

 

 

はじめての母乳育児はわからないことだらけでした。

 

まちがって理解していたことだらけでした。

 

でも、いまなら、はじめておっぱいを飲ませようとしていたあのときの私に、

 

アドバイスをしてあげたいことがたくさんあります。

 

 

 

「もっと早く知っていれば、こんなに心配しなくてすんだのに・・・。」

 

「もっと早く教えてもらっていれば、ラクだったのに・・・。」

 

母乳育児の最中に、私は何度もこんな風に思いました。

 

 

そして、

 

「きっと、あのときの私とおなじように、母乳育児をしていきたいけど、

 

不安におもっているママがたくさんいるはず!

 

「そんなママに、私が体験してわかったことを伝えたい!」

 

 

そう思って、このホームページをたちあげました。

 

 

あなたは、大人になってから、

 

母乳育児をしている人に、母乳を飲ませている姿を直接見せてもらったことがありますか?

 

母乳育児の経験がある人と母乳育児について話をしたことがありますか?

 

母乳育児について知る機会って少ないとおもいませんか?

 

 

私は、母乳育児についての知識がほとんどゼロのまま、

 

母乳育児に突入しました。

 

よくわからないけど、とにかく体当たり!って感じです。

 

 

私の母親は、私をほとんどミルクで育てたそうです。

 

だから、母乳育児についてのアドバイスはほとんどありませんでした。

 

 

あなたもそうではありませんか?

 

 

もし、アドバイスをもらっていたとしても、

 

それが、「まちがった常識」だったということもあるんですよ(*^ ^*)。

 

 

 

あなたは、

 

「おっぱいは張らないと出ない」とおもっていませんか?

 

「おっぱいの出をよくするのは、栄養のある食べ物だ」とおもっていませんか?

 

「あかちゃんが泣くのはおっぱいが足りないからだ」とおもっていませんか?

 

 

そうそう!そのとおり!

 

って感じだけど、実はまちがった常識なんですよ(>_<)。

 

 

私も、まちがった常識をそのまま信じていました。

 

自分が、母乳育児をすすめていくなかで

 

これらのことがまちがいだということがわかったんです。

 

 

 

私は、すてきな助産師さんにめぐり会えて、

 

いろんなことを教えてもらって、

 

まちがった常識にまどわされずに、母乳育児をつづけることができました。

 

 

私が、母乳育児を安心して、つづけていくことができたのは、

 

助産師さんのアドバイスのおかげだとおもっています。

 

 

母乳育児についての正しい知識とアドバイスがあれば、

 

あなたも、安心して、おっぱい育児をつづけていくことができるんです。

 

私が、特別な努力をしなくても、母乳育児をつづけてこれたように。

 

 

 

「病院に行くほどじゃないんだけど、ちょっと心配だなあ・・・。」

 

「助産院に行くほどじゃないんだけど、ちょっと気になる・・・。」

 

 

 

あなたの、そんな不安なきもちが、ちょっとでも軽くなるように、

 

願いをこめながら、このホームページをつくっています。

 

 

だって、あなたは、あのときの私とおなじだから。

 

すべてがはじめてで、自信がなくて、不安をかかえていた、

 

あのときの私とおなじだから。

 

 

だから、私が経験したことをすべてあなたに伝えたい!

 

 

不安にならなくてもだいじょうぶだよ。

 

安心して、おっぱい育児をつづけていこうね。

 

 

そんな気持ちをこのホームページに込めています。

 

 

そんな私と、ホームページです。

 

いっしょに、母乳育児、していきましょう。

 

 

不安は小さく、よろこびは大きく。

 

ママの笑顔がいちばん大事。

 

 

そんな母乳育児と子育てを

 

いっしょにやっていきましょう(o^−^o)。

 

 

さいごに・・・私は、医療従事者ではありません。

 

必要があれば、病院や、助産院へ行って、処置をしてもらってくださいね。

 

ちょっと面倒だったり、

 

おっくうだったりするけど、

 

笑顔で、母乳育児をつづけていくためには、

 

プロの処置が必要な場合もあります。

 

プロに処置をお願いする勇気も持ちましょうね。


PAGE TOP