母乳が出ないわたしが母乳不足を解消して完全母乳にできた方法

授乳中赤ちゃん

赤ちゃんが産まれると、お腹が減ったら母乳をあげるというイメージがとても強いと思います。

その為、母乳は赤ちゃんが産まれると同時に出るようになるだと感じている方お母さんはたくさんいらっしゃいます。でも、実際には『母乳が出ない、どうしよう』と、悩んでいるお母さんがたくさんいるのも事実です。

私も、1人目の子供を産んだときは、なかなか母乳が出なくて、母乳不足で母乳育児が楽しく感じられなくなりました。

また、母乳が出ないのは母親失格なんだと考えてしまったことが何度もあります。でも、母乳育児をする上で母乳の仕組みや、母乳を出すためにどのようなことに気を付けたら良いのかなどを教えてもらうことで、少しずつではありますが母乳育児に変化がみられるようになりました。

それからは、母乳不足はなくなり完全母乳となり卒乳することができました。同じような悩みを抱えているお母さんに少しでも実践して欲しい方法などがあるので、お役に立てるように説明していきますね。

母乳と赤ちゃんの事をしっかり理解して、母乳育児をおもいっきり楽しみましょう。

『母乳が出ない…』母乳の仕組みは?

赤ちゃんを出産すると、母乳育児で母乳は自然と出るようになると感じている方は多いですよね。実際に私も「赤ちゃんを産んだら母乳は勝手に出るだろうな!」と考えていた1人です。

その考えは間違っていないのですが、実際には女性ホルモンがとても深く関係しているのです。妊娠中に胎盤が完成しますよね。その時に、少しおっぱいが膨らんだと実感したお母さんは多いと思います。

それは、エストロゲンと言うホルモンが働いて、乳汁分泌抑制をしている為です。その為、妊娠中は、おっぱいが少し大きく感じたり、変化を感じることがあるかもしれませんが、実際に乳汁が出ることはありません。乳汁が出るには、痛い陣痛を乗り越えて、赤ちゃんが誕生したと同時に胎盤が剥がれたときから始まります。

エストロゲンとプロゲルテロと言うホルモンが低下して、乳汁抑制がなくなります。その為、プロラクチンと言うホルモンが乳腺に活発に働きかけて、乳汁が作られるのです。実際に、赤ちゃんがおっぱいを吸うことでも、プロラクチンが増えるので、産まれたときにすぐに授乳するのはとても良いことです。

赤ちゃんを見て可愛いさや愛おしいと感じますよね。その時にオキシトシンと言って、乳汁を押しだしてくれるホルモンが分泌されて、乳汁が出るようになっているのですよ。初めはなかなかホルモンの関係で母乳が出ないことが多いですが、出来るだけ赤ちゃんに吸ってもらうことがとても大切になってくるんです。

授乳時の姿勢も関係していた!

特に初めての母乳育児となると、どのようにして赤ちゃんを抱っこして母乳をあげたら良いのかとても悩んでしまいますよね。

生まれたての赤ちゃんは本当に小さくて、落としてしまいそうですよね。私も、本当にびくびくしながら授乳をしていたので、肩に力が入ってガチガチでしたよ。

また、赤ちゃんは口もとても小さいですよね。そのため、しっかりと乳輪まで加えさせることが出来なくて、乳首の先でなかなか母乳が出ないことがあります。乳首だけ加えると、切れてしまったりしてとっても痛くて、母乳が出ない上に授乳が嫌になってしまうので、正しい姿勢で赤ちゃんがしっかりと乳輪まで加えることが出来るようにすることが必要になってきます。

出産後は、体のあちこちが痛いこともありますが、授乳するときは姿勢をまっすぐにして座ってくださいね。その時に、円坐クッションなどを使うととても楽ですよ。授乳するときは、赤ちゃんの耳・肩・腰がまっすぐになるようにしてみて下さいね。赤ちゃんが小さいので、授乳クッションなどを使うと、とても授乳がしやすくなったので、私は毎回授乳クッションを使っていましたよ。

実際に授乳するときは、赤ちゃんの鼻や上唇と乳頭がしっかり向き合っているか確認してから、乳頭を加えさせてあげて下さいね。位置がずれてしまうと、乳頭だけ加えてしまい母乳が出ないので、注意してくださいね。私もはじめは、本当にやり方が分からなくて母乳が出ないと悩んでおり、助産師さんにしっかりと指導をしてもらいました。

その時、乳輪が隠れるくらいに加えさせると良いみたいです。助産師さんは、赤ちゃんが口を開けると同時に少し頭を支えながら、乳頭を加えさせていましたよ。その時に重要なのが、お母さんが吸われているのかを感じることです。吸われていると感じると、しっかり乳輪まで加えることが出来ていますが、あまり感じないときは乳頭までしか加えていないことが多いので、母乳が出ないときは、意識してみて下さいね。

授乳の間隔が短い時、足りていない時はミルクを飲ませても良いの?

産婦人科では、母乳が出ないときでも赤ちゃんが泣いたらおっぱいをあげてね~と言われたけど、授乳しても授乳しても母乳が出ないからなのか泣いちゃうときがありますよね…..

そんなとき、本当におっぱいが出ているのかな?と疑問に感じますよね。生まれたばっかりの赤ちゃんは、胃も小さいので少しずつしか飲めないので、本当に授乳が頻回になってしまうことがあるので、あまり心配しないようにしましょう。でも、何度も授乳していると、お母さんが疲れてしまいますよね。母乳が出ないときや母乳不足のときは、ミルクに頼っても大丈夫ですよ。授乳しても赤ちゃんが泣くのであれば、ミルクを20mlあげてみて下さい。全部飲むか残して寝てしまうことが多いと思います。

でも、母乳育児で母乳が出ないときにミルクばかりに頼ってしまうと、赤ちゃんがおっぱいを吸わなくなってしまって、分泌がされなくなってしまうので、左右のおっぱいをあげても泣いてしまうときなどだけミルクを足すようにしてみて下さいね。

おっぱいがカチカチ!乳腺炎の可能性もある

赤ちゃんが産まれて2週間~1か月くらい経過する頃には、母乳育児で授乳の仕方も掴めてきて、母乳が出ないと思っていた方もおっぱいも出るようになってきた方は多いですよね。そんな安心できる時こそ、母乳育児では乳腺炎に気を付けて下さいね。

私も、実際に母乳育児をしていた時に乳腺炎になりかかってしまったことがあります。おっぱいがカチカチに硬くなってしまい、熱発してしまいました…..

そんなときに、母乳外来に行って、おっぱいマッサージをしてもらいながら、母乳育児について相談をして、母乳不足や母乳が出ないときのアドバイスをもらいましたよ。私は赤ちゃんへ授乳するときは、いつも同じ抱き方でした。だが、しこりが少しでもある場合は、横抱きや脇抱きをした方が良いと言われました。

初めは、とてもやりにくかったのですが、何度も行っていると赤ちゃんも慣れてきてくれて、いろいろな抱き方で授乳が出来るようになりました。しこりがある場合は、しこりのあるおっぱいから授乳を行い、しこりの上部分から少し撫でるようにして赤ちゃんが吸っているときにマッサージをしておくと、しこりが少し小さくなるので、是非試してみて下さいね。

母乳の出には生活習慣も関係している

赤ちゃんの母乳育児は、想像していたよりも大変ですよね。母乳育児では夜も、頻回に授乳をしなくてはいけないので、睡眠時間もとても短くなってしまいます。赤ちゃんは可愛いけれども、母乳育児は楽しくないと感じたことが何度もあります。

でも、母乳不足や母乳が出ないときは、睡眠不足が関係していることがありますよ。母乳育児で夜間なかなか寝むれなかった日は、昼間赤ちゃんが寝ているときに一緒に寝たりしてみて下さいね。少しの間、家事をお休みしても大丈夫ですよ。体をゆっくり休ませる時間を作ってあげて下さいね。

また、母乳育児には食事が大きく関わっているのです。母乳はお母さんの血液から作られているので、お母さんが食べているものが母乳となって分泌されていますのです。その為、食事は少しバランスを考えて食べるようにしてみると良いはずです。

あまり神経質になってしまうと、とてもストレスになってしまうので、油ものは控えて、サラダと汁物は毎日の食事にプラスしよう!と言った内容で大丈夫です。

よく、お菓子は食べてはいけないと言われたりしますが、食べ過ぎないのであれば大丈夫。甘いものを食べると少し気持ちがリラックスされますよね。母乳育児の疲れが安らぐのであれば良いと思います。

母乳が出やすくなる飲料水とは?

母乳不足や母乳が出ないときは、しっかりと水分を取るように言われましたが、なかなか多くの水分を取ることは出来ませんでした。

そんなとき、母乳育児をしているママ友から母乳不足のときに良い飲料水を教えてもらいました。それは、「母なるおめぐみ」です。

母乳不足や母乳が出ないとき食事と一緒に、お茶として飲めるので、とても飲みやすかったです。飲みにくさもなかったので、母乳育児のときは毎日続けて飲んでいると、なぜか母乳不足の母乳の出が良くなったように感じました。

いつもは、授乳していても足りない感じで左右のおっぱいを上げて、数十分後にもまたおっぱいをあげて・・と言う感じでした。でも「母なるおめぐみ」を飲むようになって、片方のおっぱいだけで授乳途中に乳首を咥えながら寝てしまうこともしばしばあり、うれしくて赤ちゃんが起きないように声を出さずにひとりで笑ってました。ウフフ…

また、母乳育児ではカロリーを気にしてジュースは控えるようにしていましたが、「豊潤サジー」というジュース???を雑誌で見て母乳にも良くておいしそうな感じがして、スマホで「ポチッ」と注文しました。とても飲みやすいジュースだったので、母乳育児中のおやつの合間などに飲むようになりました。

やはり母乳不足の母乳にも効果がみられミルクを足さなくても、自分のおっぱいだけで1日過ごせるようになりました。その時は、涙が出るほどうれしかったです。

あとひとつ自分の母乳育児の助けになったのが「ミルクアップブレンド」です。ハーブティーですがハーブ臭さがなくとても飲みやすく、リラックスできるうえ、母乳不足だった母乳の出がよくなるので、とても助かりました。

以上が私の中での母乳育児『神3』です。

人によって合う合わないがあると考えられますが、母乳不足で母乳が出ないと悩んでいるお母さんは、試してみる価値アリだと思います。

母乳が出ないときは誰に相談したら良いの?

なかなか母乳が出ない…..母乳不足に悩んでいるお母さんは本当にたくさんいます。その時、母乳が出ないと旦那さんに相談しても「母乳が出ないならミルクあげれば!」と言われるし、完母経験のある友人に母乳が出ないことを相談しても「母乳が出ないんだー、完全母乳は難しくないよー」と簡単に流される始末。

母乳不足や母乳が出ない自分は母親として失格なのか?と自分を責めてしまうこともありますよね。

凹む時もたくさんありますが、母乳不足や母乳が出ないときに相談する相手は、産婦人科の助産師さんや看護師さんが良いですよ。私が住んでいる地域では、赤ちゃんが産まれると助産師さんが1度赤ちゃんの体重・身長などを図りに訪問に来てくれます。

その時に、母乳不足や母乳が出ないことや実際にどのくらい1日何回授乳しているのか、どのくらいミルクを足しているのかを伝えて、今後どのようにしたら良いのかを相談しましたよ。私は、1日に10回以上授乳しており、母乳不足のときや母乳が出ないときはミルクも1回20mlから40mlを3~4回ほどあげていました。

そんなとき、体調が良いときなどはミルクの回数を減らして、授乳の回数を増やしても良いよ!と言ってもらえて、とても安心しました。また、時々体重を図ってみると、安心することが出来ると聞いて、体重計を友人にかりておっぱいをあげる前とあげた後に体重を図るようにしました。

すると、体重が30gくらい増えていて、「おっぱいがちゃんと出ている!」と感じるようになり、母乳不足や母乳が出ないことに悩んでいましたが、徐々にですが自信にも繋がりました。初めての出産・育児で、母乳が出ないときなど誰に相談したら良いのか悩むと思いますが、そんなときは赤ちゃんを出産した産婦人科がおすすめです。

今では、母乳外来をしている産婦人科も多いので、母乳不足や母乳が出ないときは1度足を運んでみると、自分にあった母乳育児についてアドバイスをしてくれます。私もいろいろなアドバイスを参考にしていくと、気づけば完全母乳になっていました。是非、相談をしてたくさんのアドバイスをもらって参考にしてみて下さいね。

母乳育児まとめ

本当に赤ちゃんを母乳で育てていくのは、簡単なことではありません。

みんな母乳不足や母乳が出ないことで、つまずいたり悩んだりしています。だから、「なんで自分は母乳が出ないの!?」と、責めないようにして下さいね。母乳が出ないと責めてしまうと、お母さんの笑顔がなくなってしまって、赤ちゃんも悲しい気持ちになってしまいます。

「母乳が出ない!」と感じたら、「少しミルクに頼っちゃえ!」と言う気持ちでいても良いと思います。

母乳が出ないときは赤ちゃんがしっかりと乳輪まで加えることが出来てない場合や、抱き方が悪いといつまでも母乳が出ないので、母乳不足や母乳が出ないときの基本はしっかり押さえておきましょうね。

初産のお母さんは赤ちゃんが産まれて、はじめてママになるまま初心者なので、赤ちゃんと一緒に成長すればいいんです。しんどいときは、しんどいと伝えて少し休むことも必要ですよ。

「赤ちゃんが寝ている隙きに家事をしなくては!」と、考えるお母さんも多いですが、赤ちゃんが寝ているときこそ自分もぐっすり寝れる時間だと発想を転換して、しっかり体を休めて下さいね。

体が少しでも楽になると、頻回な授乳でも楽しみながら授乳が出来ますよ。また、赤ちゃんを心の底からかわいいと感じることもできて、授乳の分泌にとても良い効果を発揮します。

完全母乳の場合や混合の場合もあり、母乳育児は十人十色なので、赤ちゃんとママに合った母乳の飲ませ方を見つけて下さいね。あなたも、きっと素敵な育児ができるはずです。

Amazonファミリー

子育てわんまいる


PAGE TOP