授乳後のバストについて

授乳後のバストについて

     産後に加えてママにとって気になるのが授乳後のバストでしょう。
     我が子のために、たくさん栄養のあるおっぱいをあげたいと頑張って欲しがるだけあげたいですよね。
     しかし、その代償として自分のおっぱいはどうなってしまうのでしょう。
     できれば、バストを妊娠前の状態を保てればと、実感しているママも多いのではないでしょうか?

授乳後

  一般的に、妊娠、出産するとバストがワンランクアップするという方が多いと思います。
   断乳、卒乳後はおっぱいが垂れるという悩みを抱えている方も多いかと思いますが、
   もともとのおっぱいが小さいいからと安心してもいられません。

   断乳、卒乳後は非妊時に比べておっぱいがひとまわり小さくなってしますことが
   多いようです。大きいおっぱいの方も小さいおっぱいの方もそれぞれ課題ができて
   しまうという訳です。

   おっぱいは母乳が沸くとふくらんで、吸われるとしぼむと言う繰り返しだと思います。
   その役目を終えたバストは空気の抜けた風船のようにしぼんだ状態になってしまいます。
   おっぱいの脂肪が抜けてしまったような状態です。

   一般的に皮の面積の多い大きいおっぱいの人は垂れやすくなり、もともと小さめの人は
   小ぶりになってしまうようです。それから、断乳、卒乳後のダイエットもやめたほうが
   よいそうです。

   さて!とばかりにダイエットに励みたい気持ちもわかりますが、食事制限によって
   たんぱく質が不足しますと身体が生殖ホルモンや女性ホルモンの合成へ後回しに
   してしまい、ホルモンが正常に働かなくなってしまうそうです。

   そのため、生理不順や無排卵、胸の張りや豊かさが失われてしまうそうです。
   また、筋肉量も減ってしまい、大胸筋が衰えてしまうことによってバストラインを
   崩れさせてしまう原因になってしまいます。

   美しいバストを維持するためにも、断乳、卒乳後は無理なダイエットは避けるようにしましょう。

  

バストの張りを保つために

   気をつけるポイントは脇のお肉です。キチンと自分の胸に合ったサイズのものを
   着用するようにします。出産後は、バストサイズが若干変わる場合がありますので
   必ずお店で図ってもらい、自分にあったものを使用するようにしましょう。

   ブラジャーを着けたとき、脇とブラの間にお肉がはみ出さない形状のブラを選ぶこと
   も大切です。

   バストの張りを元に近づけるためにイソフラボンを多く含む大豆製品(納豆・豆腐・豆乳
   など)やとろろ昆布(女性ホルモンの働きを活発にする)などのおっぱいのはりに有効な
   食品を多くとることが大事になってきます。
   食生活にも意識しながらこれらの食材を取り入れるように心がけていきましょう。

   また、おっぱいの張りを保つために注意をしていかなければならないことがいくつか
   あります。

   ・赤ちゃんを高い位置で抱いておっぱいを引っ張って飲むことをさせない。
   ・常にジャストフィットサイズのブラジャーを着けること。
   ・無理なダイエットをしない(特にたんぱく質はしっかりと接種することを心がける)
   ・クーパー靱帯(おっぱいの表面の靱帯)を伸ばしたり切れたりさせない。また、
   運動などをするときはなるべく胸を固定するブラをして大きく胸を揺らさずおっぱいを
   強く揉んだり乱暴に扱うことは避ける。
   ・食事を取る時意識して噛む回数を増やし、ものを噛むことによって大胸筋を動かす
   ことを意識する。
   ・意識して噛む回数を増やす、意識して固いものや噛み応えのあるものを噛むように
   することで無意識のうちに大胸筋を鍛えることができます。
   ・イスに座って肩幅に足を開き、腕を頭の後ろで組み、両肘を開きながら頭を後ろに
   反らし胸を張り、10秒間静止する。
   ・胸を張って胸の前で手のひらを合わせる。手の位置は、胸よりも少し離した位置におく
   こと。
   ・力一杯両手を同時に押し合い、その状態を10秒間キープする。
   ・普通に立ち、太ももが床と水平になるように、膝が90度になるようにしてその場で
   足踏みをする。その時腕も一緒に振るのですが、手は軽くグーにし、手の甲を上にして
   床と水平になるまで高くあげ左右交互に振り上げる。これを1日1回、1回につき約100回
   行う。
   ・また猫背気味になってしまいますと胸が垂れやすくなりますのでつね日ごろ注意をして
   よい姿勢を保つことが必要になっていきます。

   これら上記のことは、日々のちょっとした努力でできてしまうことだと思います。
   胸が小さいからと油断するのではなく、自分にとってベストのバストに少しでも
   近づけることができるように少しずつ取り入れていくようにしましょう。


PAGE TOP